スタッフブログ

パソコンの不都合

2011年5月19日
私はイギリス・本社に送付する審査報告書の翻訳作業も行っているのですが、普段使用しているワードを開くのに時間がかかることが最近気がかりになっていました。

少し調べてみると、ワードのテンプレート「Normal.dot」というものが破損していたみたいです。

修復後は、とても快適な状態になりました。

不都合に感じていることを結構放置している部分があるので、色々見直さなければいけないと思いました。

電力不足の恐れ

2011年5月17日
 昨日ニュースを見ていると、北陸地方でも夏の電力需要ピーク時に電力不足の恐れがあるとのことです。
 
 通常北陸電力が供給力不足の際に、融通を受ける予定の敦賀原発2号機がトラブルで停止したためとのこと。
 
 私たちも今日からクールビズを開始しましたが、より積極的に節電を心がけていく必要性を感じています。

先輩から学ぶ パートⅡ 「友情」

2011年5月12日 Marilyn
誰かと友人になると言うことは、始めから損をする覚悟でないと友人になれない。自分がいい思いをすると言う事は、相手に対し確実に迷惑をかけることである。

相手が困った時はいつも助けるけれど、自分が困った時は絶対に相手の前に姿を見せない。お互いそう思っているところに初めて友情が成立するらしい。

「昔、助けて遣ったのに何で今度は助けてくれないんだ」なんて思ったりしたら、そんなのは初めから友情で無い。

自分が本当に困っていると時、友達に迷惑をかけたく無いと思うのが本当だろう。要するに友情というのは、こちらから一方的に与えるもので、相手から得られる何かでは無い。

即ち、友情とは自分の相手に対する気持ちだと言うが、(ビジネスの中ではお銭の事だけなのだろうか)人と云う字は・・・・から言えば、私はチョット違うと思う。

最後に先輩は損得勘定で考えるなら、友情は損するだけのものらしい。

ISO/IEC17021:2011改訂のお知らせ

2011年5月11日
より信頼性・公平性があり、より力量のある審査員による審査が行われることを目指し、2011年2月1付でISO/IEC17021が2011年度版へ改訂されました。私達、マネジメントシステム認証機関は発行日から2年間以内に(2013年2月1日までに)、ISO/IEC17021:2011への移行を行っていくことになります。

国際標準化機構(ISO)のホームページで提供されている資料を基に、本改訂の概要について皆様にお知らせし、今後ISO審査がどの様な方向性に向かっていかなければいけないかを確認したいと思います。

今回の改訂の目的として2点挙げられています。1点目は、ISO19011への参照を一部廃止し、マネジメントシステム監査について明確化を図ることです。2点目は、審査員及び認証プロセスに関わる要員の力量とその管理について明確化を図ることです。

<主な変更点>
3章: 定義の追加
7章: 力量に関わる要求事項の追加
9章: ISO19011への参照とされていた詳細な審査プロセスを記載
付属書A~Fの6つの付属書が追加
付属書 A, B, C, D は力量とパフォーマンスについて
付属書 E, F は 審査及び認証プロセスについて

これらの改訂に伴い、認証機関としては以下の対応が求められることになります。

- 力量の基準についての決定及び文書化
- 文書化された基準への適合に関する人員の評価
- 審査目的、適用範囲、審査基準の明確化
- 審査計画書に含めるべき事項の明確化 (プロセスアプローチ)
- 審査報告書に含めるべき事項の明確化 (認証の推薦の客観的証拠等)

今後、具体的な方針について決定が行われ、通達を行う予定です。私たち認証プロセスに係わる要員を含め、審査員研修会等の機会を活用しながら継続的な能力開発の必要を痛感します。

先輩から学ぶ

2011年5月10日 Marilyn
「あ~ぁ。お金がほしぃ」 と 言っていた私に「貴女は無理 ヨ!」って スカット 言われた。
 
 なぜなら 溜めよう 溜めようとの思いが強く お金を抱え込んでしまっているからだと。

 お風呂のお湯と一緒で 浴槽に入り お湯を手で 「こっちに来い こっちに来い」と寄せれば お湯は反対側に行く。 でも 「あっちに行け あっちに行け」と お湯を押しやると 回り廻ってこっちにお湯が来る。 それと一緒で 抱え込んでいる貴女には 無理ょ! と言うのだ。

 確かに抱え込んで外食せず 服も買わず 家に居ても 友達との交流も無く 情報など入る訳など無い。しかし その言葉を聞いて 私は外に出てお金を使う様になるとゆう 狭い考えしか無かった事を思い知らされた。 
 
 情報が入ってきてもかみ砕かれ 分かり易く 私の耳に入るため 私の行動範囲も広がり仕事もよく入った。 別の形でお金が入りこんで 今現在に至る訳です。
 
 お金は 回そうぜ!