スタッフブログ

ISO22301 事業継続マネジメントシステム・BCMS

2012年8月13日
2012年5月に発行された表題の規格説明会があり規格作成に参加した講師から、BCMSの重要性及び規格概要について以下の説明がありました。
東北の大震災、タイの洪水で日本の産業が甚大な被害を受け、世界規模での影響がありました。自然災害の多い日本では、高いレベルで災害復旧について様々な対策を予め計画し実施できるような事業継続計画(BCM)が作成されています。 しかし、想定外の災害に対しそれらが機能しないという問題点が浮き彫りになり、世界的にも災害、テロ等で事業中断を余儀なくされる実態から反省を踏まえて災害、事故による企業活動の中断に対応がしめされました。
最優先の業務目標を期間内に再開出来る体制を確立するための事業継続マネジメント(BCM)更に、PDCAサイクルを活用しマネジメントシステムとして効率的に事業継続マネジメントシステム(BCMS)の必要性が高まり今回の規格発行となりました。
 本システムの導入メリットとして
1.企業のリスクマネジメント、防災対応力の向上
2.企業の競争力強化
3.ブランド力の向上が挙げられます
しかし、導入にコストが掛かります。コストを掛けて競争力を失うことは本末転倒です。企業としてどのレベルの対策を取るか、ISO22301認証の必要性についても検討課題です。
 中小企業ではコスト、所要時間から出来ることから対策を始めることになりますが、その意味からISO22301は大幅な普及は先の事になりそうです。 サプライチェーンに依存している・製造業・に於いては、一部の企業のみの努力で対策は出来ない、本マネジメントシステムを枠組みとして、全体でどのレベルで対応を行うかが課題となります。

LONDON OLYMPIC

2012年8月13日 Marilyn
オリンピックに参加することに意義がかる・・・ご尤もですが、メダルを獲得する闘いを観ているとワクワクとし興奮し活力を頂きました。
 体操男子個人総合では28年振りに内村選手が、女子レスリング吉田、伊調選手も金メダル三連覇の偉業を達成しましたが、個人の努力と、それを支える人々の継続は力なりにも感動です。
 水泳陣は金メダルが無いにも拘わらず、男子400Mリレーでの銀メダル獲得と、「北島選手を手ぶらで帰さない」の一言に現されたチーム力が新鮮で感動的でした。
 鍛え抜かれた肉体が躍動する映像から、これが人間なのかと思わせる芸術的な姿態の輝きは、普段目にすることが無いだけに新鮮でした。
 今回のオリンピックで感じるのはチーム力です、企業でも同じで個人プレーだけで無くチーム力を結集するそんな努力が必要で、企業を支える柱だと感じました。