スタッフブログ

花占い

2013年2月19日 Marilyn
我が家の玄関には今日も 赤い薔薇と黄色のバラが飾ってあります。 
昔、よく花びらで「好き嫌い 好き」とか「いる いらない いる」とか一枚ずつ花びらを千切り 占い遊びなどよくしたものです。又、バラの花占いなどもあり 赤い色は情熱 黄色は嫉妬と、愛する人が 若し、花占いが好きで細かい人なのに 黄色の花束を贈ったりしたら 大変なことになってしまいます !!怒り心頭!!
 我が社の近隣の於保多神社境内の梅が数輪 咲いていました。 暖かな日よりでしたので、是から咲くぞと話をしているように感じられましたが、その後 雪が降り寒くなったので 今どのようになっているのか・・・訪ねてみます。
 梅のあとは桜! 花びらの多い桜に花占いをしてみませんか。
暗くて寒い落ち込む冬期環境にも季節は巡り 春の代名詞桜の花が日差しを浴びほころびます。桜を花見宴会に行くときだけで愛でるので無く 日本人にとって日本を代表する花として 今年の桜で春を感じ桜を愛でましよう。

経済の活況を期待し

2013年2月19日 取締役 塚本與介
 大胆な金融緩和、機動的な財政出動、成長戦略の三つの柱とする「アベノミックス」
と云う錦の御旗に似た新政権の政策は、我が国経済が萎む不況感の中で、闇の夜一筋の光に似た期待感があり論議が盛んです。 投資家が待ってたと云わんばかりに動き為替相場が円安に動き、輸出産業が目覚めたように収益競争力を高め、株価が1万1千円台を回復するなど好循環をもたらしています。首都圏の不動産がプチバブルの様相で高額のマンションが投資・投機に品不足と浮かれ気味とか。
 中央自動車笹子トンネルの天井板崩落事故での人身事故は、バブル期に公共投資で優先で進められた道路、トンネル、ダム、橋脚が「点検されたことが無い」「コンクリートだから50年はもつだろう」「土木技術者がいないのでどうやって点検するか解らない」などの報道されると点検がなおざりにされ朽ちるインフラと云える。
 「構築する」はハードだけで無く、ソフト面からも審査の維持管理を適切に対応する重要さを認識させられます。