スタッフブログ

タイとマレーシアで感じた円安

2013年6月18日
4月下旬から5月中旬までの2週間、友人のショップの買い付けのお手伝いのため、
中部国際空港セントレアから上海を経由してマレーシア・タイに行ってきました。 
往復航空券は格安で6万円程度、美味しい物を食べてきたし、いろいろなものを観てきたのですが・・・
この度は、円安と現地物価高のお話です。
1円もムダにしたくないので、価格には敏感に反応しました。
マレーシア・・・物価は高っかい!!(何時も行くタイと比べて)
マラッカとクアラルンプールに滞在しいくつかのお店を回りましたが
「えぇ、これがこの値段!?ゼロが一個多くない」と云う感じです。
物価高は勿論、リサーチ不足を思い知らされました。
食事は安く美味しいレストランが多く、高いと感じませんでしたが、
お得感が少ないと思います(タイの物価のイメージが強く印象付けられていたので)。
よ~し・・チェンマイで買い物、仕切り直し!!と思ったら・・・
あららタイの物価も上がっているではありませんか。
1年前の両替では、1万円で、3,400バーツ、今回は2,900バーツ(15%も減)
物価は食べ物、公共交通機関、ゲストハウス等は変わりませんでしたが、
観光客向けの物の価格は、軒並み上昇しているのにビックリ!
マッサージ:1時間120バーツ(340円)が150バーツに!
お香:20バーツが、40バーツと2倍に!
大量買い付けをするのに、円安と物価上昇はWパンチで堪りません。
滞在中も円安が続き、輸入製品への影響を生で体感出来た旅でした。

よく経験しませんか?

2013年6月 6日
「この映画は貴方と観に行ったよねぇ」
「こんな○○感じの楽しい映画だったね」と云うと
「そんな映画は僕とは観てない!誰と観に行ったのか」とか
「あそこの建物の中にあった丸いオブジェ、その丸は三角の方が良かったなぁ!」と云うと
「私はそこに行っていないねぇ」とか。
もともと男性と女性の感性は違うらしいですが、
女性は感情や人の繋がりで心に留めて置くらしく男性は物や整で心に留めておくらしい。
休日が多いと二人だけの時間が多く、どうしても行き違いが出て喧嘩し勝ちです。
この世の中、男と女しか居ません。心を大きくして、忍耐 忍耐!! Marilyn