スタッフブログ

平成30年 年頭のご挨拶

2018年1月 5日
 新春のお喜びを申し上げます。例年より雪の多い正月を迎え、雪かきで日ごろの運動不足が解消されている今日この頃です。昨年は世界経済の堅調さが目につきました。新年に入り、日経平均が2万3382円を更新し、1992年以来26年ぶりの高値水準景気の良さを予感させるスタートとなりました。楽観論が広がる中で、危うさもはらみ、課題も多い年になるのではないとか思われます。 さて、我が国の直面する課題は、経済再生や財政再建、多発する災害、そして緊迫する国際情勢等、予断を許さない局面を迎えております。

 このような環境の中で、ISO業界では、主にISO9001とISO14001規格の大改正が行われ。2018年9月までに、2015年版の新規格への認証移行することが求められており、今や佳境を迎えております。

 そこで、弊社ではこの大改正の無料説明セミナーをはじめ、内部監査員セミナー、審査員との懇談会等を開催し、2015年版の要求事項及びその意図を適切に理解して頂けるよう努力しております。特に、今回の大改正の意図の一つである企業の業績改善の為のツールとしてのISO9001・ISO14001の利用という側面をより深く理解して頂き、大いに役立てて頂きたいと考えております。

 審査員もこれまでの審査方法の見直しが求められており、お客様が求める望ましい結果が出ているか (結果重視・プロセス重視)、より業務に合った実践的なISO運用が行われているかの観点で審査を行って参ります。URSジャパン (URSグループの日本総代理店) は、北陸の富山に本社機能を置く、唯一の審査機関であり、地元北陸に密着した、フェース to フェース を大切にした緊密な体制で、お客様の抱えている課題に焦点を当てた審査 (オーダーメード審査) を実施致しております。ISO認証が目的ではなく、ISOをツールとして利用し、業績改善・拡大に向け、ご努力される企業に対して、地元の審査機関を利用するメリットをご理解頂き、新たに認証取得又は他の審査機関から移転して頂くケースも増えて参りました。より一層のサービス向上を目指し、企業努力を継続して参りたいと考えております。

 お客様の一層のご発展とご健康、ご多幸をお祈り申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます。