スタッフブログ

癒しの旅

2013年7月27日
先日、長野県伊那市にある世界有数のパワースポット「分杭峠」に行ってきました。
その場所へ行く道はマイカーで大混雑するため、24時間交通規制が敷かれているので、ある集合場所から市が運営するバス(往復800円)に20分程乗って、そのパワースポットまで行きます。
ゼロ磁場の場所は車2台分の面積で、平らになっておらず、段々と丸木の板が6段ほどあるだけ...!足の痛い高齢の母親を連れて行くには大変な場所でした。
この分杭峠は諏訪大社、伊勢神宮、石鎚山、阿蘇山など重要な聖地や多数のパワースポット、また国譲り神話に関わる神々もこの線上に祀られているといわれている、日本最古で最大、最長の巨大断層地帯「中央構造線」の真上にあります。
「気」を感じることができる方もまたできない方にとっても、心身ともにリフレッシュし元気になったと感じられる方も多いようです。富山滑川ICより高速にのり片道3時間半と遠方ではありますが、大自然の中で過ごす時間はとても気持ちがよいものでした。
良い気分転換としてお勧めです!

富士山 信仰の対象と芸術の源泉

2013年7月18日
先月の22日にユネスコの世界遺産委員会で、
世界文化遺産として富士山(国内の17件目)が登録されることに決められた。
関係者の一時の熱気を伝える報道は冷めたが、
観光地としての商業主義が全面に出ていたことは間違い無い。
日本人なら富士山と云うと、
日本の象徴として海外からの帰国船舶航空機窓から富士山を見つけ、
(最近は輸送機材の発達と深夜フライト等であまり聞かれないが)
帰国を味わったものである。
世界大戦時はGPSが無かったため、
当時アメリカの戦略爆撃機B29が地形・富士山を目指し、
東京殲滅爆撃された悲しい一面もある。
EU画壇に影響を与えた葛飾北斎の「富嶽三十六景」など、
日本人ならその文化的価値は熟知され富士山は日本そのものであるが、
偉大な自然を保全するのは並大抵で無い。
既にゴミ、屎尿処理・環境保全、夏季に集中する30余万人登山者の安全管理、
富士山と25の構成資産等に及ぶ課題対策も容易ではないだろう。
「富士は日本一の山」
独立峰で活火山、1707年の宝永大噴火では、
100km離れた江戸にも火山灰が積もったと云われ、
影響力も巨大だし、自然災害対策も地震国日本では重要だ。
しかし、大きな裾野を持つ独立峰の姿は見飽きないし、見るたびに圧倒される。
企業、人間の様もかくありたいものと改めて刺激を受けます。

タイとマレーシアで感じた円安

2013年6月18日
4月下旬から5月中旬までの2週間、友人のショップの買い付けのお手伝いのため、
中部国際空港セントレアから上海を経由してマレーシア・タイに行ってきました。 
往復航空券は格安で6万円程度、美味しい物を食べてきたし、いろいろなものを観てきたのですが・・・
この度は、円安と現地物価高のお話です。
1円もムダにしたくないので、価格には敏感に反応しました。
マレーシア・・・物価は高っかい!!(何時も行くタイと比べて)
マラッカとクアラルンプールに滞在しいくつかのお店を回りましたが
「えぇ、これがこの値段!?ゼロが一個多くない」と云う感じです。
物価高は勿論、リサーチ不足を思い知らされました。
食事は安く美味しいレストランが多く、高いと感じませんでしたが、
お得感が少ないと思います(タイの物価のイメージが強く印象付けられていたので)。
よ~し・・チェンマイで買い物、仕切り直し!!と思ったら・・・
あららタイの物価も上がっているではありませんか。
1年前の両替では、1万円で、3,400バーツ、今回は2,900バーツ(15%も減)
物価は食べ物、公共交通機関、ゲストハウス等は変わりませんでしたが、
観光客向けの物の価格は、軒並み上昇しているのにビックリ!
マッサージ:1時間120バーツ(340円)が150バーツに!
お香:20バーツが、40バーツと2倍に!
大量買い付けをするのに、円安と物価上昇はWパンチで堪りません。
滞在中も円安が続き、輸入製品への影響を生で体感出来た旅でした。

よく経験しませんか?

2013年6月 6日
「この映画は貴方と観に行ったよねぇ」
「こんな○○感じの楽しい映画だったね」と云うと
「そんな映画は僕とは観てない!誰と観に行ったのか」とか
「あそこの建物の中にあった丸いオブジェ、その丸は三角の方が良かったなぁ!」と云うと
「私はそこに行っていないねぇ」とか。
もともと男性と女性の感性は違うらしいですが、
女性は感情や人の繋がりで心に留めて置くらしく男性は物や整で心に留めておくらしい。
休日が多いと二人だけの時間が多く、どうしても行き違いが出て喧嘩し勝ちです。
この世の中、男と女しか居ません。心を大きくして、忍耐 忍耐!! Marilyn

富山弁「だら」 "KING OF Toyamaben"だそうです

2013年5月17日
標準語の綺麗な大先輩がいらっしゃいました。
何時どんな場所でもスラットと標準語で話され素敵なんですが、やはり富山弁の「だら」と云う言葉が抜けず、端々にだらの「だら」
「だらに飲ませる薬は無い」「だらは死ななきゃ直らない」と聞かされました。
大先輩も先輩も亡くなりましたが、その「だら」は私にうつったらしく私の会話に輝いています。
富山弁は西日本方言の東限でアクセントは京阪型。
「だら」は馬鹿に比べてニュアンス的にやゝ弱く、仲間内の冗談などに使われますが、文末に「だら」を使われると
「ゆすり調」が特徴なので粗野で横暴で挑戦的な話し方になり、慣れない人には常に怒っていると勘違いされます。
方言は心を伝える言葉として地域文化の基礎とも云われますが
原発事故の東北では住民移転で失われて行く方言に危機感があるようです。

前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12