スタッフブログ

製品の信頼性

2013年1月15日 審査員
 最近、製品を購入するときは、
「品質(Quality)」では、"機能"のうえに、"ノントラブル"であるかどうか。
「価格(Cost)」では、"値段が安い"うえに、さらに使用した場合、"ランニングコスト"が少ないかどうか、又故障したら修理代が必要、故障の少ない商品であるかどうか。
「納期(Delivery)」では、"信頼できる品物を早く"手に入るかどうか。
ということが検討されており、"信頼性を必要とする世の中"になっています。
 信頼性の三大要素として、「耐久性」「保全性」「信頼性設計」がいわれていますが、購入者としては、「耐久性」「保全性」は、メーカーのデーター等を信じ、購入して使って見ないとわからない。
「信頼性設計」は、フェイルセーフ(機械の故障が発生しても常に安全側に働く機能)、フールプルーフ(間違った操作をしても事故が起こらないようにする安全機構)等の設計方式が考慮されているかどうか見極める必要がありそうです。
海外からの製品がたくさん入荷し、購入方法もネット通販等と多様化するなかで、選択の幅が広がり便利にはなっていますが、色々なトラブルも発生しています。  
購入者としては、幅広い分野の知識・情報を得ながら信頼性のある製品を購入していきたいものです。

和魂を注入する

2013年1月 8日 審査員
 わずか8小節からなる東京オリンピック・ファンファーレは、祝典の高潔な響きであるとともに国づくりに奮闘してきた父祖たちへの鎮魂歌ではないでしょうか。
 古関裕而作曲のオリンピック・マーチに乗せた華やかな入場行進が終わると昭和天皇の開会宣言。そして、「世界中の青空を東京にもってきたか」のような1964年10月10日の晴れやかな午後の空に、

陸上自衛隊音楽隊30名によるファンファーレの厳粛な演奏

分散和音の上昇で始まり、二声、三声、四声と華やかに厚みを増していったところで、なんと短調の和音(F minor)で終結するのです(今井光也作曲)

 この哀愁を、すべてを破壊され、戦後の復興に苦労を重ねた人々の思いと受け取られることもあるようです。

わたしが思うに、破局からの創造の担い手たちは、すべてを否定し生まれ変わった日本人ではなく、「日本的なるもの」を確かに受け継いだということです。「日本的なるもの」を受け継いで、明治維新以来の洋才に和魂を注ぎ入れる活動を根気強く継続したのではないかと思います。

その「日本的なるもの」とは何か?

これが長い間、追い続けている私のテーマなのかもしれません。そして、マネジメントシステムに和魂を注入する活動が今年からの大きな課題です。

規格改訂について

2012年12月19日 審査員
ISO9001、14001の規格改訂について、日本規格協会が12月に説明会を開催し、案内文に次のことを記載しています。
『ISO(国際標準化機構)において、品質マネジメントシステムのISO 9001:2008及び環境マネジメントシステムのISO 14001:2004の改正作業が開始されました。ともに2015年頃の発行を目標に審議が進められています。』
この2つの規格については取得企業の徐々に関心も高まって、審査員として質問を受ける機会も増えてきているようです。
規格改訂についての最新情報は日本規格協会のホームページで見られますで、こちらが参考になるのではないかと思います。
〔9001〕 http://www.jsa.or.jp/stdz/iso/iso9000.asp
〔14001〕 http://www.jsa.or.jp/stdz/iso/iso14000.asp
共通の基準に沿って規格が作られることで規格の項番がかなり変わることとなり、
(1) 品質においてもリスクの取り扱いが含まれること
(2) 文書と記録の区別が曖昧になる
(3) 予防処置が姿を消す
(4) 目標達成志向が強くなる
といった点に注目が集まっているようです。
審査の場においてお客様の関心に応えられるよう、審査員側の準備も必要ですね。

ひぇ~

2012年12月18日 Marilyn
11月には今年こそ 12月年末になって焦らないぞ・・・・と思っていたのにもう矢っ張り12月になってしまい 困ったもんだ。
今年はいったい どんな年を送ったのだろうかと 反省してみるが そこも やはり毎年同じで思ったように過ごせていないと思う。
先日中村勘三郎が亡くなってしまったが 型破りの演出で観客を魅了しました。
正しいものの型があるからこそ そこから抜け出して 新しい型が創造出来るものであり型が無いのに新しい発想だけではクチヤ クチヤになるだけだろう。
(中村勘三郎の口癖でM・伝統芸能を護る K・古い物に囚われず T・新しいもの作るが 
あったようです)
正しい基礎を身に付け来年は是非身に付けた新しい発想で何か飛び抜けた事を考えてみたいです。

ジャカルタでの審査を終えて その2

2012年12月18日
 今回はテーマを変えて話題を提供します。インドネシヤの観光地と云えば日本人の殆どがバリ島を思われると思います。現地の人々もよく訪れるとのことで、聞き伝えします。
 バリ島は神々の島地上の楽園と呼ばれていますが、インドネシヤのほぼ中央に位置する火山島です。年間の平均気温は24~32°Cで、雨季(11~3月)乾季(4~10月)の熱帯性モンスーン気候で世界中から多くの観光客が訪れています。
小さな島のイメージですが東京都の2.5倍の広さがあり、人口はおおよそ300万人、主食は米 で産業に占める農業は40%で、島の至るところ美しいライステラス(棚田)が広がっているようです。 宗教はインドネシヤ主流のイスラム教で無く、ヒンドゥー教で島ではバリヒンドウーと独自性があって今 でもカースト制度が残っており、左手を不浄とし手づかみで食べたり、沐浴の習慣もあってイ ンドと似ているところがあります。
 
日本からの観光客がピーク時全体の30%から5%に激変し、変わってオーストラリア、中国の両国で半数をしめている状況と聞きました。しかし、私は将来機会を掴み、是非訪れたいと願っています。

前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14