• お知らせ
  • 登録審査の流れ
  • 登録実績
  • 選ばれる理由
  • 良くあるご質問
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 規定文書ダウンロード

良くあるご質問

ISOは書類、記録類が多くて大変だと聞きますが。

事務処理も業務に併せた効率的運用を見直すもので、ISO用書類を別途作成するものではありません。
実態に沿った流れを文書化するもので事務負担を増加することは本来の趣旨ではありません。

費用対効果を考えると何かメリットがありますか。

直ちに投資費用に見合う数字的な成果が引き出されるものではありませんが、対象とする組織を文書化することで、組織の透明化と責任体制が明確になり、社員教育面から活性化が図れ中長期的な組織的強化が図れます。

効果のわりに審査費用が高いのでないか。

審査費用は審査員の資質に掛かる人件費と旅費等の直接費用であります。審査員は常に国内及び国際的な資質評価を受け、加えて多岐に渉る業務習熟と国際的な情報収集を心がけて能力向上に努めており、審査には満足頂けるものと考えています。
唯、間接費用の削減に工夫を凝らし、引き続き費用の低減に努力しております。

毎年の審査は負担となります。

日ごろの組織活動にISOが如何に定着し、生かされ、次に繋がっているかの検証でもあり、年1回の維持審査は第三者からの助言と指導でもあって有効と考えます。

少し高額の費用を払ったら認証書を貰えますか。

ISO認証書は単なる看板ではありません。高額と云われる費用に見合った企業としての成果を得るものであり、是非企業内の定着と活動を願っています。
維持審査、3年毎の更新時の対話は有効に働きます。

審査員は何名いらっしゃいますか。

当社々員審査員3名を含め専属審査員17 名を関東圏、中部圏、関西圏、北九州地区の審査を担当しています。

審査費用の支払い方法は?

審査の終了時から2週間以内に支払いをお願いしております。唯、会社の定時支払い日の都合で多少ずれる場合には予めご連絡を頂いています。